看護師ってどれくらい転職しているの? | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

看護師ってどれくらい転職しているの? | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

看護師ってどれくらい転職しているの? | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

ツカエル!! 看護師の本音データ

看護師ってどれくらい転職しているの? | 看護師さんはどのくらい転職しているの?  転職経験者は全体のどのくらい?

ここでは転職経験者の転職回数や動機についてのデータを見て行きましょう。ナースは、転職を繰り返す転職回数が多いことは有名ですし、転職をしないナースの数の方が少ないくらいです。

有資格者の看護師、准看護師のアンケートによると転職経験者の割合は79%です。通常の会社員の場合は(25~35歳男女)転職経験者は50.8%ですから、客観的に比較してみてもその割合は大きいことがわかります

「今転職したい!!」 転職経験者の約45%の人が思っています。

看護師さんの転職については一般のビジネスマンに比べて圧倒的に多いですね。
医療業界は慢性的な人材不足が問題になっていますし、活躍の場も介護や老人ホーム、保育施設などさまざまありますので、これからも「働き先」に困るような事はないかもしれません。

ただし・・・勢いや思いつきで転職をするのは危険ですのでヤメましょう!

看護師の平均転職回数はどのくらい?

看護師は他の職業に比べて「転職回数」は多めです。キャリアアップのための転職はもちろんですが、出産や家庭の事情で一度現場を離れ、職場復帰という形で勤務する人も多く、ブランクがある場合でも働きやすいと言えるでしょう。

看護師の平均転職回数はどのくらい?

平均転職回数のデータを見てみましょう。

平均の転職回数は3~9年で1.4回、10年~19年で2.6回、20年以上が2.9回という結果になりました。

看護歴3年未満で転職経験がある人は1人、転職せずに新卒で入職した病院で経験年数が高い方も少なくありませんでした。

中には、転職回数が10回以上のナース(看護歴27年)も!!

看護師は病院やクリニック以外にも働き先も働き方もさまざま。

看護師は病院やクリニック以外にも働き先も働き方もさまざま。

日本は看護業界は今後ますますの高年齢化を迎えますから、需要も活躍の場も増えることは容易に予想できます。

今までは看護師、ナースと言えば「病院やクリニック」というイメージでしたが介護施設や老人ホームなど介護系の施設での活躍の場も広がっており、今後は訪問看護などの分野でも求人は活発になる事が予想されます。

看護師の場合は「転職回数うんぬん」よりも「転職動機」が非常に重視されます。

回数は気にする事は無いのですが、不満不平だけで転職を繰り返すのは得策ではありません。

ナースの「転職理由」は何が多い?退職理由は?

ナースの「転職理由」は何が多い?退職理由は?

転職理由で最も多いのは結婚、出産、引越しなどの家庭の事情。

やはり女性が多いので、家庭の都合で転職をするケースは多いようです。

そして、次に目立った理由は人間関係や給与や休日などの待遇への不満でした。意外と多いのが「スタッフ間でのいじめ」です。

看護師は女性が多い、女性のみというケースが大半ですから「人間関係」で躓くケースは非常に多いと言えるでしょう。

その他にも「給料」に関係したものとして

給与の出ない時間外の研修や勉強会が多すぎて、家庭との両立が難しい

という回答も。

とくに小さいお子様や家族を持っている場合は残業が日常化しているクリニックでは難しいものがあるでしょう。院長や上司に理解があったり、残業0や残業少な目の職場も最近では非常に増えています。

転職を繰り返さないためには「優先事項」を1つは決めておくことが必要です。またこのご時世だからでしょうか、閉院による転職もありました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師転職サイトランキング

調査比較済み! オススメ看護師転職サイト

ナースの薬箱。看護師求人タイムズ独自の総合ランキングです。大事なポイントを網羅。