退職の手順 | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

退職の手順 | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

ナースの転職ガイド

退職の手順 | 看護部長や同僚ではなく、直属の上司に伝えることが重要です。

退職の手順ですが、まずは退職の意思が確定した際に上司に報告することになります。

退職の手順ですが、まずは退職の意思が確定した際に上司に報告することになります。

看護部長や同僚ではなく、直属の上司に伝えることが重要です。

上司に話す前に同僚や先輩に知られてしまい、そこから上司に伝わってしまうのはマナー違反ですので、話す相手とタイミングには気をつけましょう。

法的には14日前までに伝えればいいことになっているものの、引継ぎなどもありますので、できるだけ早めに退職の意思を伝えたほうがいいですね。

退職の意思を固め、強い気持ちを持って貫くことが大切です。

退職の申し出は、2~3ヶ月前と決まっている医療施設もあるので確認してみてください。

そして退職する際には引き止められることが多いです。医療施設によっては引き止めるために給与、環境の改善や部署移動なども提示されることがあると思われます。

そのため、退職の意思を固め、強い気持ちを持って貫くことが大切です。

上司から退職の許可を得たら退職日を相談して決めます。

上司から退職の許可を得たら退職日を相談して決めます。

引継ぎや規定を考慮しなければならないため、すでに転職先が決まっている場合には希望日をはっきり伝えておきましょう。

その後、退職届を作成して上司に提出し、引継ぎのデータにまとめ、マニュアルを作成するなどの工夫をして引き継ぐようにしてください。

面接は転職先とのはじめての対話になります。

後任がスムーズに把握できるようにわかりやすく教えることを意識したほうがいいですね。

退職日の2日前までにはロッカーの中や身の回りの整理をし、社会保険や年金、所得税などの手続きも確認します。

そして今まで一緒に働いてきた方やお世話になった方に挨拶し、職員賞やID、ユニフォームなどの返却物を病院に渡して転職に必要な書類を受け取ったら退職が完了です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師転職サイトランキング

企業や施設の求人が多い

医療機器メーカーでも看護師資格の求人を出している企業は多く、企業の保健室での勤務の求人なども豊富です。