看護師の復職を支援 | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

看護師の復職を支援 | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

看護師の復職を支援 | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

ニュース & トピックス

看護師の復職を支援

2013年5月20日
看護師の復職を支援

 たま日吉台病院が「第11回潜在ナース復職支援プログラム」を6月に開催する。期間は18・19・20・25・26・27日の6日間(参加できる日のみでも可)。
時間は午前9時半から午後12時半まで。

テーマは「潜在看護師研修〜職場復帰のきっかけに〜」。

看護師・准看護師の有資格者を対象に、注射、導尿、ベッドメイキング、看護記録、感染、清潔操作、吸引、輸血、経管栄養、麻薬取り扱い、救命救急などについての研修や病院見学、今回からは座談会形式のランチョンミーティングも行う予定だ。看護師としての自信をつけ、復職意欲のきっかけとすることや看護についての基本知識、技術の再学習、再確認、安全な看護が提供できるようになることを目標に掲げる。

同院は「『資格はあるが何らかの事情で看護業務を離れている』『ブランクが長く近年の医療についてわからず不安がある』『子育て中で時間に制限があるが働きたい』『子育てが一段落し復帰したい』などの『潜在看護師』の方は是非お気軽にお問い合わせを」としている。

定員1日10人。参加費1000円(保育室利用の場合、保育料1日500円)。申し込みは同院(【電話】044・955・8220または【URL】http://www.tamahiyoshi.or.jp/)まで。

神奈川県全域・東京都町田市の地域情報紙 タウンニュース2013年5月17日号 http://www.townnews.co.jp/ 

ここ数年、復職支援プログラムやワークショップが全国で開催されています。
今回ご紹介したプログラムもテーマは潜在看護師です。
看護師資格はあるが現場から何年も離れている・・・ブランクがある・・・・働きたいが制限があり働けない・・・子育てが終われば働きたい・・・というような「潜在看護師」の数は全国でも相当な数になります。
少し古い資料ですが2009年の厚生労働省の資料1, 2)によれば、現在、就業している看護師は81万人、准看護師は38万人。
また、65歳までの看護職員のうち、免許保有者から就業者数を減じて推計した潜在看護職員数は、全国でおよそ55万人と言われています。

看護師不足が叫ばれる昨今、潜在看護師の掘り起こしは必須と言えるでしょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ニュース & トピックス その他の記事

  • 元看護師を石綿被害で労災認定

    元看護師を石綿被害で労災認定

    2013年5月27日
    元看護師を石綿被害で労災認定 医療現場、全国2例目...
  • 富山県 看護師離職防止へ

    富山県 看護師離職防止へ

    2014年11月28日
    看護師の転職先、転職を考えている方の実に半数以上が「望む条件、優...
  • 医療現場は看護師の自己犠牲で成り立つブラックな世界

    医療現場は看護師の自己犠牲で成…

    2013年10月10日
    ブラック企業という言葉も広まり、労働条件や環境体制が悪いもしくは...
  • 看護師の夜勤見直し 看護師の激務を守る。

    看護師の夜勤見直し 看護師の激…

    2013年5月 8日
    看護師の労働環境を改善するため、心身に負担のかかる夜勤の短縮や回...
  • 看護師が32人一斉退職

    看護師が32人一斉退職

    2013年5月13日
    慢性的な看護師不足が続く中、道内の医療機関が看護師確保に躍起とな...
  • 看護師の復職を支援

    看護師の復職を支援

    2013年5月20日
     たま日吉台病院が「第11回潜在ナース復職支援プログラム」を...