病院探し誤解あるある | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

病院探し誤解あるある | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

病院探し誤解あるある | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

看護師の転職 Q & A

病院探し誤解あるある

2013年7月 6日

夏のボーナス支給後に転職を考えています。
時期的にも良いと聞きますがいかがでしょうか?

病院(夜勤なし)を中心に転職サイトなども活用しようと考えています。

ナースの転職が活溌になる、いわゆる繁忙期は8月です。
質問のように「夏のボーナス」を戴く前後では看護師転職、求人サイトを活用登録される方は多くなります。
これは「競争率」も高くなるという事でもあります。

出来ればそれらの時期に先駆けて、早めに看護師求人サイトなどを活用しましょう。
登録が早めれば数カ月先の開業の情報や新規施設オープンの情報も貰えます!

またはじめての方に誤解が多いのですが、病院探しなどは「1人1社」という決まりはありません
併願はダメ!と新卒の場合はよう言われますが、転職の場合は複数施設を同時に受けるのは一般的です。
選択肢を広げるためにも2-3社を受けるのは非常に賢い方法といえます。

看護師が転職や病院探しで間違う2つのコト

病院探しや求人探しで陥りがちな罠がいくつかあります。その典型的なものが「応募は1社まで」「いろいろ相談すべき」という2つの点です。知らないうちに大きな誤解で転職活動の可能性を狭めている可能性もあるので、注意しましょう。

一度に応募できるのは1施設までという誤解
新卒時の就職活動では1施設に絞り込むことが優先されます。しかし転職に限って言えばそれでは成功する確率も自然と狭まります。転職活動では2-3社を同時に受けてみて、それから絞り込む方法が一般的です。内定をもらっても「断ること」が可能ですので、面接の時に雰囲気などを加味して、最終的に決めましょう。1社で絞り込むことは比較も出来ないので、非常にリスキーです

とにかく色々な人に相談や意見を聞くべきという誤解
たくさんの求人を見ていると、どの施設も魅力的に見えたり、一人で判断できなくなりがち。そんな時に色々な人に意見を聞くとクリアできそうに思いますが、かえって失敗するケースの方が多いので注意しましょう。
意見をくれる人は「あなたの性格や事情」を知っているとは限りません。
一般的なことをアドバイスしてくれるかもしれませんが、「その意見をくれる人にとってはよくない」と思っていることでも、「アナタにとってはプラス」になるかもしれません。アドバイス役が増えれば増えるほど意見も違ってきたり、混乱する可能性は高くなっていきます。気持ちの整理がつかずに活動するのは非常にキケンです。

アドバイスはプロに求めよう

看護師求人サイトの担当者、コンサルタントは「客観的」にその施設の情報や実態を教えてくれる以外に、「あなたのキャリアや性格」まで加味してアドバイスを頂けるのが最大のメリットです。

不安な人には事前の職場見学まで行なってくれます。

また冒頭でも話したように秋以降は看護師求人サイトは繁忙期になります。秋以降の転職を考えるなら、今月中に登録を済ませて、有利な求人情報や秋以降の動向についていち早く情報をキャッチすると良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師の転職 Q & A その他の記事