乱立する看護師転求人サイトの状況 | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

乱立する看護師転求人サイトの状況 | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

乱立する看護師転求人サイトの状況 | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

看護師向け特集・レポート

乱立する看護師転求人サイトの状況

2013年5月 8日
乱立する看護師転求人サイトの状況

看護師や准看護師、保健師、助産師など医療関係者の転職状況は未だに「売り手市場」が続いています。希望すれば転職は容易で、他の業種のように転職は比較的できるのが看護業界の特徴と言ってよいでしょう。

               
                             

看護師転職サイト(求人サイト)の仕組みはご存知のように「成果報酬型」で運営されています。看護師や准看護師を雇い入れたい病院やクリニックは掲載無料できます。
転職サービス会社は掲載求人から実際に転職が決まった時に「報酬」を病院側から受け取れる仕組みです。

病院が支払う手数料はまちまちですが年収の10-20%の間で設定されているケースが大半です。常勤か非常勤、派遣、アルバイトなどの雇用形態によっても違ってきます。

自社でハローワークやその他媒体を使えば、たしかに安価で安く募集をかけることが出来ます。

なぜ優良な病院やクリニック、施設ほど「看護師求人サイト」で募集をかけるのでしょうか?

病院クリニックにとって「看護師求人サイト」は便利な存在!

しかし自社で求人募集から面接、採用までを行うには膨大な時間とコストがかかります。目に見えないコストは大きく、面接と書類選考だけでも準備の時間や立合いなどだけでも大変ですし、面接希望者のスキルや経験を見抜く事は中々難しい事です。

そこでニーズが高まってきたのが「看護師転職サイト」です。
「既婚者で経験5年以上のナースが欲しい」という希望があれば、その条件を満たす「転職希望者」を確実に集めてくれますので求人側としては莫大なコストが軽減出来ます。

特に「急募」やライバルの病院に知られたくない極秘の求人についても登録者だけが閲覧できるようにしたり(非公開求人と呼ぶ)、通常の募集(ハローワーク経由)より条件をさらに良くして求人をかけているケースが目立ちます。

募集側から見れば転職サービスのコンサルタントは「第三者の目線」で看護師を客観的に見て評価を下してくれます。

多数の転職を実現してきたサービス会社のコンサルタントは様々な事例や提案力もズバ抜けて高いことから「適切な人材」を提案してくれるので病院にとっても非常に有難いのです。
転職が決まれば「成果報酬」として支払いが生じますが、その条件も「勤務半年以内の退社は対象外とする」など「病院やクリニック」にとっても有利な条件で結ばれているケースも多く、転職サービスを利用することで病院やクリニック、医療施設は「希望する人材」と出会える可能性が非常に高いのです。

看護師転職サイトは乱立気味!

看護師さんの目線で考えますと「多彩な看護師転職サイト」はメリットがあるように思えます。

しかし中には「報酬目当て」で強引な転職を薦めてきたり、登録後に毎日のように勧誘電話やメールを送ってくる業者は未だにあるのが現実。

どの転職サイトも「非公開が豊富!」「年収500万円以上」「有給消化率90%以上」などキャッチーな言葉が並びますが、実際に本当かどうかは曖昧な部分もあります。とりあえず登録者数を増やしたい!という意図からさほど好条件の求人が無いにも関わらず大きな宣伝をしている会社があるのも事実です。

看護師求人サイトの選び方は、求人者100人いれば100通りあるでしょう。
共通する事項としては以下の点を重視すると良いでしょう。
当サイトでは以下の条件を満たしているサービス、求人サイトしか掲載していませんのでご安心ください。

離職率の高い職場の求人を扱っていないこと

離職率の高い求人先は医療業界には非常に多いのが現実です。残業代もつかない、有給も取れない、頻繁に配置移動がある・・・など。離職率の高いクリニックや病院は「365日いつでも看護師を募集しています」 看護師求人サイトにもこういった施設を平気で紹介しているケースもあるので注意しましょう

コンサルタントが求人先の詳細を掴んでいること

看護師求人サイトや転職サイトを使う大きなメリットはここにあります。看護師求人サイトではコンサルタントが求人先のクリニック等に出向き「数字では分からないこと」を徹底的に調査ヒアリングしています。中には現場の看護師さんと実際に話したり、定期的に情報交換をしているケースも。
人間関係は派閥の有無、有給は本当にとれるか?平均年齢は?など「働いてみないと分からない情報」も開示してくれるので、安心して働きたい看護師さんには非常に強い味方になります。

転職成功のポイントは「事前に応募先の実態をどれだけ知ることができるか」です。
そのためには担当コンサルタントが自分で求人先を訪問してしっかりと取材していることが重要です。
自分でしっかりと求人先を調査したコンサルタントのサポートがあれば、転職後に「イメージしてたのと全然違うし・・・」なんて後悔することもありませんね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

特集・レポートその他の記事

  • 看護師の「当たり」と「はずれ」?

    看護師の「当たり」と「はずれ」…

    2013年9月 4日
    医学書院様のウエブサイト記事に興味深い記事がありましたのでご紹介...
  • 2013年5月の看護師転職と求人傾向

    2013年5月の看護師転職と求…

    2013年5月13日
    5月と6月は実際に「転職する看護師の数」は他の月と比べてやや少な...
  • 細谷由香さん /北原脳神経外科病院の場合 (※削除)

    細谷由香さん /北原脳神経外科…

    2013年2月 9日
    わたしはもともと看護師になろうと思っ...
  • 乱立する看護師転求人サイトの状況

    乱立する看護師転求人サイトの状…

    2013年5月 8日
    看護師や准看護師、保健師、助産師など医療関係者の転職状況は未だに...
  • 看護師の働き先って?何名働いてるの?

    看護師の働き先って?何名働いて…

    2013年9月 4日
    10年前。看護師といえば病院やクリニック、老人ホームなどが勤務先...