クリニックで働く | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

クリニックで働く | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

看護師の働き先と傾向

クリニックで働く | 看護師の数も少ないので一人ひとりのスキルが高いことも必要になり、スキルアップを目指す看護師が転職先に選ぶこともよくあります。

クリニックは、入院用の病床は用意していないか19床以下の医療施設です。

地域密着型の開業医タイプの施設が多く、専門科目を限定し、医師や歯科医師が診察・治療を行っています。

クリニックが一般病院と異なる点は、やはり多くのクリニックでは患者さんが入院することができないことでしょう。入院できるクリニックでも19床以下となっていますので、多くの患者さんが入院できるわけではありません。そのため、クリニックでは夜勤がないケースが多いのです。

また、一般病院に比べると規模が小さく、対応できる患者さんの数も比例して少なくなります。ですから、一般病院よりも看護師の仕事量が少なめとなっています。ただし、業務内容は多岐に渡り、初診の患者さんのヒアリングも看護師が行うクリニックが多いです。コミュニケーション能力や専門知識も必要とされ、検査や点滴、注射などの処置も一人でこなさなければなりません。

看護師の数も少ないので看護師一人ひとりのスキルが高いことも必要になります。そのため、クリニックは日勤のみを希望する看護師だけではなく、スキルアップを目指す看護師が転職先に選ぶこともよくあります。

どんな仕事がメイン?

看護師の数が少ないので一般病院よりも看護師一人ひとりの仕事量が多く、責任もあがります。地域密着型の開業医タイプが多いため、患者さんとのコミュニケーションも重要です。

この職場の特徴は?

クリニックでは診療科目ごとにわかれているので、その診療科目の知識や経験を活かし、患者さんの質問に答えたり指導のような話をする機会が増えるでしょう。また、医師と看護師ともに少人数なので職場の人間関係も限定されます。医師と相性が悪いと働きにくくなり、退職してしまう看護師も決して少なくありません。

どんな人に最適?

  • 短時間の勤務を希望している
  • 心身の負担が少なめの勤務を希望している
  • ブランクがある
  • 地域に密着した看護を行いたい
  • その診療科目のエキスパートを目指す
  • 病院のような大きな組織が苦手

特徴

クリニックは必然的に入院が少ない外来です。

19床未満の医療施設をクリニックと呼ぶことが多く、地域に密着して医師が個人で開業していることが多いのも特徴です。

クリニックは専門性が高い・評判が良いために患者さんが増えた場合はさらに数名の医師を雇うこともあります。

しかし、基本的には経営方針や治療方針は開業医の一存が大きく作用するので、医師の個性がクリニックに反映されることが多いでしょう。

クリニックの医師にも得意な診療科目があり、その診療科目の患者さんを中心に受け入れていきます。そのため、一般病院などよりも専門性が高くなるのもクリニックの特徴と言われています。

透析クリニック、美容外科クリニック、産婦人科クリニックなどもその代表であり、クリニックに勤務している看護師もスキルが高いことが多いです。

もちろんクリニックで勤務することでスキルアップすることも可能なので、スキルアップを目指す看護師さんたちからも人気が高いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師の転職支援サービス