企業で働く | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

企業で働く | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

看護師の働き先と傾向

企業で働く | 土日祝が休め、ゴールデンウィークや年末年始にも休暇が取りやすいので、ご家庭とお仕事を両立させたい看護師に特に人気が高いです。

看護師や保健師の経験を活かし、企業の従業員たちの健康管理に携わるお仕事として知られています。

企業の人事部に所属して企業の医務室に勤務するケースや、工場などの現場で勤務するケースもあります。

企業では土日祝日が休みになっているので家族や友人に合わせて休みが取れるのも特徴です。夜勤などもないので、一般病院などよりも負担が少ないでしょう。

さらに一般企業の健康管理室以外にはコールセンターでの電話業務などもあり、企業内に診療所がある場合は医師のもとクリニックなどと同様に診察の補助や採血なども行っていきます。

企業では産業医とチームを組み、従業員の健康相談や健康診断の補助、急な疾患や怪我などに対して応急処置を行い、メンタルのカウンセリングなども行うのが主なお仕事となります。

企業の看護師は通常1~2人の少人数で勤務するケースが多く、パソコンスキルも必須です。健康診断のデータ管理や報告書の作成なども看護師が行います。

どんな仕事がメイン?

医師のサポートやスケジュールの管理、健康相談やパソコンの操作、電話業務、従業員の健康診断などのデータ管理や報告書の作成などが企業で働く看護師の主な仕事なので、パソコンスキルは必須と言えます。

この職場の特徴は?

企業看護師といっても、企業の医務室での勤務や工場などの現場での勤務、コールセンターでの電話業務、企業内の診療所での勤務などがあり、それぞれ職場の特徴も変わってきます。企業の看護師は主に産業医と一緒に従業員たちの健康相談や健康診断の補助、応急処置やカウンセリングなどを行いますが、基本的に看護師は少人数の勤務の場合が多いので、職場の人間関係はクリニックや診療所などと同様に限られるでしょう。

どんな人に最適?

  • パソコンの操作ができる
  • 少人数の看護師の中で他の職種の人たちとコミュニケーションが取れる
  • 予防医学にも興味がある
  • 企業の従業員たちの健康管理について考えながら動ける

特徴

治験コーディネーターは企業の看護師の代表的な仕事の一つです。治験ボランティアをする一般の方々と医療機関を繋いでいるパイプの役目を担っているのが治験コーディネーターになります。

治験ボランティアに対して実験の目的についてやスケジュールを説明し、質問に答えることも治験コーディネーターの役目です。担当した治験をスムーズに進めていくためにさまざまな手配をし、報告書を作ったり臨床開発者に報告することもあるでしょう。

治験コーディネーターは企業看護師として活躍できる職種なので、人気があります。一般のサラリーマンと同様に土日祝が休め、ゴールデンウィークや年末年始にも休暇が取りやすいので、ご家庭とお仕事を両立させたい看護師に特に人気が高いです。

企業看護師は企業の医務室に勤務することも少なくありません。

企業の医務室は従業員の健康を維持するために作られた場所であり、学校で言えば保健室の先生のようなお仕事をすることになります。もちろん急な疾患や怪我の応急手当なども行います。

メタボリックシンドロームの検査は健康診断に導入されるようになり、従業員の健康に関心を寄せる企業も増えてきているので、看護師は従業員に健康のアドバイスを行ったり、メンタルカウンセリングや健康管理のサポートなども行います。

ですから、企業看護師はコミュニケーション能力も欠かせないのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師の転職支援サービス