訪問看護で働く | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

訪問看護で働く | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

看護師の働き先と傾向

訪問看護で働く | 生活の中での看護という視点を持ちながらお仕事をしていくことになります。また、利用者のご家族のフォローや介護支援なども行います。

訪問看護は利用者のご自宅に訪問し、利用者の自立を援助したり療養生活をサポートするサービスです。

病気や障害のある方も安心してご自宅で暮らせるように、ケアマネージャーや保健・福祉・医療などの機関、他の職種と協働、連携をしていくことで療養生活をサポートします。

利用者のご自宅には訪問看護師一人で訪問し、看護を提供します。医師の指示に基づいた医療処置や病状の観察、在宅でのリハビリテーションを行い、食事や入浴、排泄、洗髪、身体の清拭なども行うのが主な仕事です。

訪問看護師は1日に多くの利用者のご自宅に訪問することができないため、標準的な件数は1日あたり4~5件でしょう。車やバイクなどで訪問するケースが多いです。医師や多機関の連携によってチームケアを行い、利用者の在宅医療を行っていくため、利用者のご家族への介護支援や相談援助を行うことも少なくありません。

訪問看護は、生活の中での看護という視点を持ちながらお仕事をしていくことになります。

どんな仕事がメイン?

訪問看護では利用者の体温や血圧を測り、リハビリテーションや入浴、医師との連携や医療器具などのチェックなど、さまざまなお仕事をすることになります。看護師一人で利用者のご自宅に行き、一人で全てのことに対応しなければならないため、責任も大きくなってくるでしょう。また、利用者のご家族のフォローや介護支援なども行います。

この職場の特徴は?

訪問看護は訪問時間といった形で時間が区切られているため、病院などに比べると勤務時間の融通が利きやすくなっています。時間区分としては大体1件が30分から1時間程度となっているので、2時間の勤務でも数件の利用者のご自宅に行くことができます。訪問看護ステーションではパートとして週に数日間、1日2時間といった条件で採用することも少なくないので、育児中の看護師などにも人気があります。最近はミーティングや報告を省いてメールでのやり取りをするところが増えているので、翌日の準備をしてしまえば直帰も可能です。

どんな人に最適?

  • 短時間の利用者との関わりで情報収集をすることが得意
  • 医師やケアマネと連携しながら自分の意見をきちんと伝えられる
  • ターミナルケアなどに関心がある
  • 勤務時間の融通が利く職場で働きたい

特徴

訪問看護の役割の一つはケアや処置ですが、危険の予測や回避も大きな役割の一つとなっています。

利用者にとって訪問看護の時間は医療者との貴重な時間となり、短い時間の中で看護師が専門知識と技術を活かし、的確なアセスメントで危険を予測して回避することが訪問看護の中で重要です。

特に訪問看護師に求められるのはフィジカルアセスメント(身体診査技術)で、問診や触診、視診、打診、聴診などによって利用者のアセスメントを行い、異常などの早期発見に繋げていきます。これが訪問看護師に求められる重要なことの一つで、時給が高めに設定されている理由でもあるのです。

訪問看護師は一人で利用者のご自宅を回る仕事であり、所属するステーションも地域ごとに分割されているのが特徴です。

病院ほど規模が大きいわけではなく、一見孤立している職場のように感じるかもしれませんが、多くの医師や機関、職種との連携が必要な職場ですので、決して孤立した職場というわけではありません。

訪問看護は利用者に一貫した在宅ケアを行わなくてはならないため、多くの関係者と情報交換をすることになります。ですから、医師や看護師だけではなく福祉施設のヘルパーや保健所の保健師、OT、PT、STなども在宅医療チームです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師の転職支援サービス