幼稚園で働く | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

幼稚園で働く | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

看護師の働き先と傾向

幼稚園で働く | 日常の保健や衛生の指導を行ったり、突然の疾患や怪我の処置をしたりといった日常のケアをしていくお仕事がメインです。

幼稚園では常駐の看護師を職員として配置しているところも少なくありません。

流行性の疾患が発生しやすい幼稚園では担任の教諭だけでは保健の指導をカバーしきれないことが多いため、日常の保健や衛生指導、怪我や突然の疾患に対応する立場にあるのが幼稚園の看護師です。

また、先天性の疾患を持った子供やアレルギーを持った子供が増えているため、親御さんや教諭、医師たちと連携して対策を行い、日常のケアをすることも重要な役割の一つです。

中には看護師の資格を取得している人ではなく保健師の資格を取得している人を対象に求人募集を出す幼稚園もありますので、保健師国家資格を持っている人は仕事内容の幅も広がるでしょう。さらに第一種衛生管理者の資格を持ち合わせていれば、幼稚園に通う子供たちの保健指導のほかに勤務する職員たちの労働面でのケアをすることもできるようになります。

一般的には幼稚園で働く看護師の立場は通常の医療施設の勤務よりハードになることが予想されていますが、子供が好きな看護師も大勢いますので、人気がある職種です。

どんな仕事がメイン?

幼稚園での勤務は日常の保健や衛生の指導を行ったり、突然の疾患や怪我の処置をしたりといった日常のケアをしていくお仕事がメインです。

この職場の特徴は?

幼稚園の看護師は子供を対象に看護業務を行っていきますので、子供が好きな看護師が勤務していることが多いです。しかし、幼稚園では基本的に看護師を一人体制で募集しているところも少なくないため、一人で多くの仕事をこなさなければならないケースもあります。親御さんや教員、医師との連携は欠かせない上、たくさんの子供たちを相手にするので、コミュニケーション能力も必要とされます。

どんな人に最適?

  • 子供が好き
  • 子育てを経たママさんナース
  • 親御さんや教員たちとコミュニケーションをとりながら仕事ができる
  • 親御さんからの相談に対応することが苦痛でない

特徴

幼稚園では看護師が1名で勤務することになるため、子供たちの健康チェックや健康状態の観察、怪我や急な疾患などの応急処置などに対応しなければなりません。

子供が重大な病気に至る可能性や病院に護送するかどうかなどの判断をする場合もあるため、相応の責任も伴います。

また、子供たちの健康診断や歯科検診の時の医師の補助を行ったり、「保健だより」を作成することもあります。

幼稚園では多くの子供たちが集まるため、流行性疾患が問題視されています。

子供は免疫が少ないので、流行性疾患の感染症などには気をつけなければなりません。こうした知識は教員たちでは知識も足りないので、看護師に求められる重要なお仕事の一つでもあります。

流行性疾患を予防するため、子供たちに指導をしながら親御さんたちに流行性疾患についての予防方法などの案内もします。

怪我に関しては、小さい怪我の場合は応急処置で済みますが、大きな怪我をした場合は病院に行くまでの間の応急処置も求められるので、知識と技術を活かして子供たちを助けることが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師の転職支援サービス