公的機関で働く | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

公的機関で働く | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

看護師の働き先と傾向

公的機関で働く | 公務員として安定した給与と仕事をいただくことができるので、安定志向の方は保健師として就職する方法も良いのではないでしょうか?

国や地方公共団体が運営している公的機関の病院では、国や地域にある医療機関の中で中心的な存在であり、最新の医療で患者さんの病気や怪我などの治療も行われています。

このように公的機関で看護師として就職した場合、実際に働いている看護師は看護師というより公務員と変わりありません。ですので、公務員が倍率の高い試験に合格しないといけないのと同じように、公的機関で看護師として働く場合には採用試験に合格する必要があります。

一般病院などとは異なり、簡単に就職することができない施設でもあるのです。しかしながら公的機関では給与も税金から出ていますので、安定した給与をもらうことができ、不景気の時でも賞与をいただくことができます。

よっぽどの不祥事を起こさない限りは突然リストラされてしまうこともないので、安心して働き続けることができるのも公的機関の看護師の特徴です。

どんな仕事がメイン?

公的機関での仕事は採血や予防接種、血圧測定や検温、問診などの他に医師のもと診療のサポートを行い、栄養の指導なども行うことになるでしょう。土日祝が休みになる施設も多く、残業もあまりありません。

この職場の特徴は?

公的機関では保健師と看護師の両者が協力しあって看護をしていくことで、より一層よくなっていきます。保健所などでは保健師がいますが、保健師がいるからといって看護師が不必要というわけではないのです。公的機関は医師、看護師、保健師を配置し、地域住民などの健康や衛生面を支えていきます。食生活の改善、衛生の指導、病気の予防なども看護師のお仕事になります。特に保健所などは乳幼児から高齢者まで多くの方々が訪れるため、患者さん一人ひとりの目線に合わせて看護をしていくことが重要になるでしょう。

どんな人に最適?

  • 安定した給与をもらいたい
  • 突然リストラや解雇をされず、安心して働きたい
  • 公務員として働きたい
  • 家族や友人と休日を合わせたい
  • 残業が少なく、同じ時間帯に帰宅したい

特徴

公的機関の一つでもある保健所では、地域住民の健康や衛生面を支えていく重要な機関です。

乳幼児からご老人まで訪れる場所でもあるため、一人ひとりの目線に合わせた看護を行っていくことが大切になります。

保健所では保健師も勤務しているので、保健師と一緒に協力して看護を行っていくことも重要でしょう。

看護師のお仕事は採血、血圧の測定、予防接種、検温、問診、医師の診療サポート、栄養の指導などがあります。

公的機関では公務員として働くことになりますが、保健師も多く働いているため、初めから公的機関での勤務を希望している人の中には保健師の資格も取得し、保健師として就職する人もいらっしゃいます。

保健師の資格はまず看護師の国家試験に合格しなければならず、合格後は半年以上の保健師養成課程を終え、保健師国家試験に合格しなければなりませんので、保健師になるのは簡単なことではありません。

しかし、公的機関では公務員として安定した給与と仕事をいただくことができるので、安定志向の方は保健師として就職する方法も良いのではないでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師の転職支援サービス