麻酔科 | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

麻酔科 | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

看護師の働き先と傾向

麻酔科 | 的確な判断や迅速な作業が求められるため、テキパキ動ける看護師のほうがいいでしょう。

麻酔科は患者さんが手術中に痛みを感じることがないように麻酔を行うことはもちろんですが、手術中の患者さんの血圧や心拍などをチェックし、最善な状態で手術が行えるようにサポートする科目でもあります。

麻酔には大きく分けて全身麻酔と部分麻酔があり、手術する部位や予定の手術時間、患者さんの希望などを聞いて考慮し、決定されます。

全身麻酔は麻酔が効いている間の意識はありません。ですから、記憶もなく、痛みもありません。部分麻酔は手術が行われる周辺のみに行われる麻酔になります。

手術前は患者さんの体調の確認や麻酔の説明などを行って、手術後には患者さんから痛みや体調に関する確認までしっかりと行います。

麻酔科医の認定資格には「麻酔科専門医」、「麻酔科認定医」、「麻酔科指導医」の3つの資格認定を行ないますので、患者さんは安心して麻酔を受けることができます。

どんな仕事がメイン?

手術がスムーズに進むように麻酔医のサポートを行います。的確な判断や迅速な作業が求められるため、テキパキ動ける看護師のほうがいいでしょう。

この職場の特徴は?

麻酔科は主に手術中に患者さんが痛みを感じないように処置する科目ですが、患者さんが手術中に急変することもあります。そのため、看護師も的確な判断力や作業を素早く行えることも重要です。また、手術後の患者さんの経過をよく観察し、ちょっとした変化などにもすぐに気づく必要があります。患者さんに寄り添い、丁寧にサポートしていくのも麻酔科の看護師の仕事です。

どんな人に最適?

  • テキパキと動ける
  • 患者さんが手術中に急変した時に的確な判断ができ、迅速な対応ができる

特徴

麻酔科の医師は内科や外科、産婦人科、小児科などの診察も可能なことが多いです。。

基本的に麻酔科医の仕事は手術室の麻酔管理ですので、看護師も麻酔の管理に関連した仕事まで行うことになるでしょう。。

また、麻酔科医は歯科などでも必要になります。歯科はクリニックなどの開業医が多いので、親知らずの抜歯の時などには麻酔科医が必要になるのです。そのため、看護師が麻酔科医の補助を行うケースも少なくありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師の転職支援サービス