皮膚科 | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

皮膚科 | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

看護師の働き先と傾向

皮膚科 | 手術をする皮膚科なのかどうかでも看護業務が多少変わってきますが、通常は一般の看護業務とあまり変わりません。

皮膚科は身体の表層部の皮膚に異常が表れる疾患を取り扱っている分野で、顔や胴体、手足といった身体全体が対象であるものの、口の中の肉眼で見える範囲も皮膚科で対応しています。

爪や髪に関する疾患も皮膚科で対応しているので、患者さんが相談しに来ることもあります。

また、皮膚科では医療用レーザーの脱毛なども扱っており、医療脱毛を行う女性たちも多いです。エステサロンでは医療用のレーザーは使用することができないため、出力の低いレーザーなどを使用し、何回も通って施術を受けなくてはならないのです。

加えて、医療脱毛の良いところは何かトラブルが起きた時にすぐに治療してもらえる点です。エステサロンでは治療してもらうことができないので、安全性の面でもあえて皮膚科で脱毛を行う方が多いです。シミやニキビといった皮膚の悩みも皮膚科で対応しているので、女性の患者さんは特に多いですね。

アレルギーがある子供もよく訪れています。

どんな仕事がメイン?

一般的な看護業務、手術をする皮膚科であれば医師のサポートなども行います。さまざまな皮膚の疾患や悩みを抱える患者さんとコミュニケーションをとることも仕事の一つです。

この職場の特徴は?

皮膚科には赤ちゃんからお年寄りまで幅広い年齢層の患者さんが訪れますが、水虫の治療に関してはブーツを履く機会が多い20~30代の女性が多く訪れます。ニキビやシミ、脱毛に関する治療のために通う女性たちも多いので、皮膚科の患者さんは意外と若い世代の女性たちが多いですね。手術をする皮膚科なのかどうかでも看護業務が多少変わってきますが、通常は一般の看護業務とあまり変わりません。

どんな人に最適?

  • 幅広い年齢層の患者さんとコミュニケーションがとれる
  • 皮膚に関する専門的な知識がある

特徴

皮膚科では表面層の皮膚をメインとした疾患だけではなく、医療用のレーザーを使用して脱毛することもあります。

最近ではエステサロンで脱毛する女性が多いですが、何かトラブルが起きた時にすぐに治療してもらうことができないため、費用が高くてもあえて皮膚科で脱毛する女性も多いのです。

ニキビやシミ、爪や髪のことでお悩みの女性たちも相談しに来ますので、女性たちの悩み相談に対応したりコミュニケーションがきちんととれる人のほうが皮膚科での仕事に向いているでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師の転職支援サービス