消化器内科 | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

消化器内科 | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

看護師の働き先と傾向

消化器内科 | 常に新しい薬剤が発売されて、新しいレジメンもどんどん出てきますので、これらをきちんと覚える必要があります。

消化器内科は食道から肛門までの消化管と胆のうや肝臓、膵臓などの臓器の疾患を専門にしている分野として知られています。

例えば手術適応ではない胃潰瘍や胃腸炎、胃がん、肝炎や肝硬変、肝臓がん、胆のう炎、胆のうがんなどの疾患がある患者さんが訪れます。

また、短期間ではありますが内視鏡による検査や処置などで入院する患者さんや抗がん剤治療のために数日の入院を何度も繰り返す患者さんもいらっしゃいます。

そして消化器内科に入院する患者さんは食事内容も大きく変わり、絶食の患者さんが非常に多いです。人は食事をしてある程度のストレスを解消することもあるので、場合によっては患者さんにとって大きなストレスになることもあるでしょう。

また、抗がん剤などは常に新しい薬剤が発売されており、新しいレジメンもどんどん出てきますので、これらをきちんと覚える必要があります。

どんな仕事がメイン?

新しい薬剤が次々と発売されるため、医師とともに新しい医療の知識や介護の技術を身につけなくてはなりません。抗がん剤を受ける患者さんに点滴を行うのも看護師の仕事です。

この職場の特徴は?

看護師の補助が欠かせないので、医師のサポートをしっかり行うことになります。チームワークが非常に重要な職場ですので、人間関係が悪化してしまうと働きにくくなることもあるかもしれません。患者さんの死に立ち会うこともあるため、突然の出来事でも臨機応変な対応を求められます。また、患者さんのご家族のケアも重要な役割の一つです。

どんな人に最適?

  • 臨機応変に対応できる
  • 新しい医療の知識、介護の技術を常に身につける努力ができる
  • 強い意思がある

特徴

消化器内科に入院する患者さんは絶食することが少なくないため、中心静脈栄養のラインを確保して高カロリーの輸液を行う場合もあります。

患者さんが入院して初めて中心静脈栄養のラインを確保する場合はその介助も看護師の仕事です。

また、抗がん剤の点滴なども行います。抗がん剤は次から次へと新しい薬剤が発売されるので、新しい薬剤の知識や投薬方法なども覚えていかなくてはならず、ハードなお仕事と言えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師の転職支援サービス