消化器外科 | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

消化器外科 | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

看護師の働き先と傾向

消化器外科 | 患者さんの良き支援者としてニーズに応えることが求められるので、公正な看護を与えていくことが重要です。

消化器外科の看護師は、医師の指示によって手術の準備をしたり、手術後の患者さんの経過を観察したり、医師に報告することがお仕事になります。

外科は手術によって疾患の治癒を目指しますが、消化器科で主に扱う疾患は食道や胆道、膵臓、胆のう、肝臓、大腸、胃などで、開腹手術や腹腔鏡手術、NOTESといった手術法で治療を行います。

具体的な施術と言いますと、食道がんや胃がん、胆道がんなどです。がん細胞を取り除く手術や、胆石症では胆石を取り除いたり、クローン病では腸管部分切除術やバイパス術を行います。

また、胃がんの治療方法は病院などによって大きな違いがありますので、看護師は常に治療法などを勉強していく必要があるでしょう。

そのほかには術前・術後の抗がん剤によって行われる化学療法の治療を医師の指示のもと経口投与・静脈内投与など直接的なお世話をします。

どんな仕事がメイン?

がん予防に関する教育や助言を患者さんに行うことや、患者さん・ご家族を支えていくためのケア、感染症の予防、患者さんのニーズに対応できる看護の提供、他の部門との連携を図ってチーム医療を提供していきます。

この職場の特徴は?

消化器外科は内科や放射線科など、他の部門と連携して患者さんに医療を提供します。病気の進行や広がりに関しても他の部門の医師とともに判断し、手術以外にも放射線療法や抗がん剤治療などを含め、患者さん一人ひとりに合った治療法を検討していくのです。ですから、看護師のサポートも絶対に欠かせません。チームワークが非常に重要になってくるので、人間関係でトラブルが起きてしまうと働きにくくなることもありそうです。

どんな人に最適?

  • 臨機応変に対応できる
  • 新しい医療の知識、介護の技術を常に身につける努力ができる
  • 強い意思がある

特徴

消化器科外科はチーム医療を患者さんに提供するため、看護師の役割も大きくなります。

患者さんの良き支援者としてニーズに応えることが求められるので、患者さんにとって公正な看護を与えていくことが重要です。

そのために看護師に求められるのは豊かな感性を育み、専門的な能力を磨き続け、人として成長していくことです。そうすることで患者さんに質の高い看護を提供することができるようになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師の転職支援サービス