一般内科 | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

一般内科 | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

看護師の働き先と傾向

一般内科 | 優しく、笑顔で対応できるコミュニケーション能力や人間性が重視されるケースが多いです。

消化器や呼吸器、循環器、泌尿器、神経系といった内臓器官の疾病を手術などをせずに治療する機関が内科ですが、一般内科とはこれらの内臓器官に特化せず、総合的に対処する科目です。

したがって専門的な医療機器を備えていない診療所やクリニックなど、小規模な病院がほとんどでしょう。

最新の医療器具などは備えていない病院が多いので、医療技術もそれほど高いものは要求されません。来院する患者さんは風邪などの軽い症状、生活習慣病により身体の不調などを訴える方がほとんどですね。ただし、看護師に求められるスキルは総合病院や大学病院とはさほど変わりません。

幅広い知識が必要とされるので、内科で働く看護師にはキャリアアップを目指す方も多いです。そして何より患者さんに対して優しく、笑顔で対応できるコミュニケーション能力や人間性が重視されるケースが多いですね。また、冷静に状況を判断し、行動に移せる看護師のほうが一般内科に向いているでしょう。

どんな仕事がメイン?

投薬の介助や検温、注射、問診、医師のサポート。薬の名前や作用などを覚える必要があります。

この職場の特徴は?

一般内科は診療所やクリニックなど、小規模で「町のお医者さん」のような存在なので、看護師の人数も少なめです。人間関係が限定されてしまい、医師や看護師たちとうまくやっていけないと転職せざるを得ない状況になる場合もあるため、事前に自分に合った職場を選ぶようにしましょう。また、内科の看護師は幅広い知識が必要とされるので、キャリアアップを目指す看護師にも最適なお仕事です。

どんな人に最適?

  • 冷静に判断を下し、行動することができる
  • キャリアアップを目指している
  • 人と接することが好き

特徴

内科はさまざまな分野にわかれているので、幅広い知識が必要となります。

ですから、勉強することが好きな看護師やキャリアアップを目指している看護師も多い科目です。

特に一般内科は診療所やクリニックといった小規模の病院が多いため、町に住む患者さんたちが体調不良を訴えて相談しに来ます。

患者さんとのコミュニケーションをとることも欠かせない上、一人ひとりに適切な看護を行わなくてはならないので、神経を使うお仕事と言えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師の転職支援サービス