婦人科 | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

婦人科 | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

看護師の働き先と傾向

婦人科 | 男性職員では関わることができない部分も大きいため、使命感と責任感を感じながら仕事をすることになるでしょう。

婦人科では、子宮や卵巣、卵管といった女性特有の疾患を対象とした科目です。

婦人科で扱う主な疾患は月経異常や不正出血、更年期障害、子宮内膜症、悪性腫瘍、良性腫瘍、子宮筋腫、性感染症等の各種感染症があります。また、婦人科によっては不妊治療を行っているところもありますね。

婦人科の検査の種類は問診や内診、血液検査、エコー検査、性感染症検査、子宮頚部細胞診や骨盤部超音波検査などです。職員たちも女性である場合が多いのも特徴です。

婦人科の看護師は患者さんに適切な治療ができるよう、医師のサポートをしていくことになるのですが、婦人科に訪れる女性たちは強い不安を抱いていることが多いです。なので、患者さんの精神的な支えになることも婦人科の看護師の大切な仕事です。

また、男性職員では関わることができない部分も大きいため、婦人科の看護師は使命感と責任感を感じながら仕事をすることになるでしょう。

どんな仕事がメイン?

患者さんに寄り添い精神的な支えになり、正しい知識をもって相談にも対応します。診察に抵抗がある患者さんも多いので、精神的なケアは非常に重要です。

この職場の特徴は?

医師、看護師など、女性の職員が多い職場になります。男性では対応できない部分も多いので、看護師も責任感や使命感をもって働いています。また、相応のスキルは必須なので、勉強熱心な看護師も多いです。女性ばかりの職場なので人間関係のトラブルもあるかもしれませんが、協力しあって患者さんをサポートしていくことが大切になります。不妊症の認定看護師を目指している看護師もいますね。

どんな人に最適?

  • 女性の患者さんをサポートしたい
  • 患者さんの不安や抵抗感を緩和させる
  • 臨機応変に対応できる

特徴

婦人科は患者さんが女性だけであり、職員も女性が圧倒的に多いです。男性の看護師にとっては仕事がしにくい面も少なくないでしょう。

婦人科では患者さんが診察に対して抵抗感を感じている場合や不安を抱いている場合が多いため、患者さんの精神的なケアも丁寧に行っていく必要がありますので、強くて優しい看護師が多いです。

また、婦人科での経験を積んだあとに不妊症の認定看護師になることも可能となっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師の転職支援サービス