内科 | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

内科 | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

看護師の働き先と傾向

内科 | 必要な知識を全て習得することが可能なので、汎用性に富んだ看護師になることができます。

内科は体内の疾患を対象とし、手術をせずに治療する科目です。薬剤を投与したり生活習慣の改善を行って治すことが一般的であり、風邪を引いた方や腹痛、頭痛といった身体の不調がある方が毎日多く訪れる科目と言えますね。

内科は専門によって分化されているため、消化器や呼吸器、循環器、神経系といった分野が多岐にわたっています。なので、内科の看護師に必要とされる能力は医療において全般的な知識があり、薬の名前や主な作用などを覚えなくてはいけません。人工透析や在宅医療などに必要な知識を全て習得することが可能なので、汎用性に富んだ看護師になることができます。

仕事の幅を広げることができるので、キャリアアップを目指している看護師には最もやりがいのある仕事なのではないでしょうか? また、内科の働き口は非常に多いため、これらを知識として持っておけば看護師としてのキャリアにも役立つはずです。

どんな仕事がメイン?

注射、問診、投薬の介助、検温など。
患者さんを診察室に通したり、検査室に案内するのも看護師の仕事になります。

この職場の特徴は?

診療所から総合病院、大学病院などにも内科があるため、看護師の人数は職場によって異なります。内科の看護師は手術などに関わることがありませんが、職場の人間関係や雰囲気に合わず退職してしまう看護師も少なくありません。長く働くためにも、自分に合った職場を選んで転職したほうがいいでしょう。

どんな人に最適?

  • 落ち着いて話すほうが好き
  • 冷静に状況を見極め、行動に移すことができる
  • 知識をつけること、勉強することが好き

特徴

循環器内科や消化器内科など、内科の中では分野が細かくわかれているため、幅広い知識が必要になります。

回復期からターミナル期までさまざまな症状を訴える患者さんがいるので、一人ひとりに合った看護を行えるように冷静に判断することが重要です。

病棟では慢性疾患を抱えながら根気よく治療を続けている患者さんや長期入院の患者さんもいるため、コミュニケーションを上手にはかりながら患者さんの話を聞き、少しでも治療の辛さを緩和してあげるようにすることも大切ですので、とても神経を使うお仕事でもあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師の転職支援サービス