腎臓内科 | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

腎臓内科 | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

看護師の働き先と傾向

腎臓内科 | 内科的な治療が中心で、場合によっては透析の導入に関わることもあり患者さんの精密検査や治療の介助などが看護師の主な仕事です。

腎臓内科では急性・慢性の腎炎、蛋白尿や血尿、電解質異常などの疾患がある患者さんが訪れる科目です。

腎臓の機能が低下する原因ですが、腎臓自体に問題がある場合もあるものの、妊娠中の腎臓障害や全身状態の悪化などから二次的に腎臓障害が起こるケースも少なくありません。糖尿病性腎症や高血圧性腎症もありますね。

また、最近では慢性の腎臓病が問題となっています。血尿や蛋白尿があり、腎臓機能が低下している状態です。

メタボリックシンドロームや高血圧、喫煙や高血糖、高尿酸や脂質異常といった動脈硬化の危険因子が原因と言われているため、腎不全になり、透析をするケースも増えてきています。

腎臓内科は泌尿器科に近い分野だとも言われていますね。ところが腎臓内科では内科的な治療が中心で、場合によっては透析の導入に関わることもあります。患者さんの精密検査や治療の介助などが腎臓内科の看護師の主な仕事です。

どんな仕事がメイン?

患者さんの精密検査や治療の介助、援助、食事療法や薬物療法の教育的なお仕事。患者さんの精神面のサポートも重要なお仕事の一つです。

この職場の特徴は?

腎臓内科の患者さんは急性や慢性の腎炎、ネフローゼ症候群といった疾患に対する精密検査や治療、腎機能障害に対する内科的な食事療法や薬物治療などを行っていきます。また、腎機能障害が進行している患者さんは血液透析や腹膜透析の導入などが入院の目的にもなりますね。薬物に関しては薬剤師が行うケースもありますが、看護師は患者さんの一番身近にいる存在ですので、精神面のサポートも大切です。

どんな人に最適?

  • 腎臓に関する専門的な知識がある
  • 腎機能が異常をきたすような状況を想像できる
  • 患者さんの教育、精神面のケアができる

特徴

腎臓は障害を受けてしまうと完治することが非常に難しい臓器ですので、患者さんは辛い治療を一生受け続けることになります。

病態によって一時的な透析を必要とする場合もあるのですが、悪化してしまった場合は透析を始めると一生続きます。

病人工透析は長い時間を費やし、患者さんが社会人であれば仕事への影響も非常に大きいので、精神的・経済的な負担もかかってきます。ですので、看護師は疾患が慢性化や長期化する患者さんの精神面のケアまでしっかりと行わなくてはいけません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師の転職支援サービス