産婦人科 | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

産婦人科 | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

看護師の働き先と傾向

産婦人科 | 男性職員では関わることができない部分も大きいため、使命感と責任感を感じながら仕事をすることになるでしょう。

産婦人科は産科と婦人科に分かれています。産科は赤ちゃんが誕生するところであり、妊娠初期の切迫流産、妊娠中毒症の患者さんなども入院します。周産期の妊婦さんや出産のために入院していることもありますね。

そして婦人科のほうでは、総合病院や産婦人科の専門病院であれば病棟が分かれていることも少なくありません。

婦人科は主に子宮や卵巣、卵管などの女性特有の疾患を抱えている患者さんが訪れます。女性特有の臓器の疾患ということもあり、診察や疾患自体に強い不安を抱いたり抵抗を感じる方も多いです。

産科の場合は患者さんが妊婦さんですので、妊婦さんだけではなくご家族のフォローもしなければなりません。婦人科は若い女性から高齢の女性までおり、場合によっては女性特有の俗期を摘出するという大きな問題があるため、患者さんに対する精神的はフォローは絶対に欠かせません。

いずれにしても適切な治療をするだけではなく、患者さんの精神的なケアまで行わなくてはいけないので、責任感や使命感を感じる看護師は多いです。

どんな仕事がメイン?

患者さんの状態に合わせた臨機応変な対応を迅速に行い、マニュアル通りのケアだけではなく患者さんの精神的なケアも丁寧に行います。

この職場の特徴は?

産科も婦人科も男性看護師は非常に少ないです。女性特有の分野であり、患者さんは女性だけですので、男性看護師は仕事がやりづらいと感じることも多いでしょう。また、女性の職員が多いため、職場の雰囲気や人間関係に馴染めないと転職してしまう看護師もいますね。産科も婦人科もナーバスな状態の患者さんが訪れるため、患者さんのケアを行う気持ちの余裕があり、使命感・責任感がある看護師がたくさんいます。

どんな人に最適?

  • 女性の看護師
  • 赤ちゃんのお世話が好き
  • 妊婦さんと赤ちゃんのケアを丁寧に行える
  • テキパキと臨機応変に対応できる

特徴

実は産婦人科は看護師が不足しているのが現状です。

産婦人科の看護師は出産に立ち会うだけではなく、出産を迎える患者さんの不安などを受け止め、支えていくことも重要になります。

患者さんが出産をした後は、赤ちゃんをお風呂に入れる方法や母乳の飲ませ方などを指導します。

さらに女性特有の疾患を抱える女性たちも通う場所なので、患者さん一人ひとりに合った適切な処置をしなくてはなりません。

意外とハードな仕事ですが、新しい命の誕生に立ち会えるこの仕事は非常にやりがいを感じるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師の転職支援サービス