産科 | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

産科 | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

看護師の働き先と傾向

産科 | 助産師の資格を取得する方も少なくありません。出産を経験したことのある看護師も多いです。

産科は患者さんの妊娠から出産、産後までケアをする診療科です。

不妊症や生理不順、更年期障害、性感染症などの女性特有の疾患を扱っている婦人科と併せ、「産婦人科」としている病院も少なくありませんね。

産科では切迫早産や羊水異常、多胎妊娠や妊娠高血圧症候群、胎児機能不全、出血性ショックなど、さまざまなものがあります。

さらに産科では手術も多く行われていて、帝王切開や流産の手術、子宮頚官縫縮術などもあります。主に妊婦さんを対象としていますが、場合によっては胎児の状態、経過などもチェックしながら医師や助産師のサポートをしていくのが産科の看護師の役目です。

産科の看護師は体力がある人でなければ厳しいかもしれません。分娩は助産師の仕事ですが、点滴やバイタルチェック、分娩の介助や外回り、分娩後の片付け、妊婦さんのケアや新生児のケア、授乳の介助など、看護師の仕事が非常に多いのです。

どんな仕事がメイン?

妊婦・新生児のケアや沐浴・調乳指導、授乳介助、点滴やバイタルチェック、分娩の介助、分娩後の片付け、帝王切開の場合は包交など、さまざまな仕事があります。

この職場の特徴は?

女性職員が圧倒的に多いです。しかし、産科の看護師の仕事量は非常に多く、体力に自信がある人でなければ厳しい仕事でもあるので、現在は看護師の人手が足りていない産科が多い状態です。産科では看護業務はもちろん、ナーバスになっている妊婦さんの精神的なケアや新生児のケアまでしなければなりません。

どんな人に最適?

  • 体力がある
  • 赤ちゃんが好き
  • 妊婦さんのことを出産後までしっかりとサポートできる

特徴

産科は新しい命が誕生する場所なので、非常にやりがいのある仕事です。

しかし、流産してしまう患者さんや死産になってしまった患者さんもいますので、悲しい場面に遭遇することもあります。

仕事量も多いため体力的にもきつく、その上妊婦さんや新生児のケアを丁寧に行わなくてはならないので、優しさと強さを備えている看護師が多い職場になります。

また、産科で看護師として働き、その後助産師の資格を取得する方も少なくありません。出産を経験したことのある看護師も多いですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師の転職支援サービス