耳鼻咽喉科 | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

耳鼻咽喉科 | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

看護師の働き先と傾向

耳鼻咽喉科 | 幅広い世代の患者さんとコミュニケーションをとる機会が多いので、コミュニケーション能力は必須でしょう。

耳鼻咽頭科には花粉症の季節になると患者さんがたくさん訪れます。

入院する患者さんは慢性副鼻腔炎で手術適応になった方や扁桃腺が大きくなってしまい、炎症を起こしていて手術適応になった方、顎下線や耳下線炎などで手術適応になった方などがいます。

一般的には比較的短期の入院になる患者さんが多いですね。。

扁桃腺炎やアデノイドの場合は緊急性がなくてもいずれ摘出したほうが良いケースもあります。抵抗力が落ちた時にいきなり高熱が出てしまうこともあるからです。これらが小さい頃からわかっていれば、小学生ぐらいでも手術を受ける子供もいますね。耳鼻咽頭科で緊急性が高いケースは、鼻血が止まらないケースです。

痛くて眠れないという患者さんや精神的なダメージを受ける患者さんもいますので、場合によっては緊急手術をすることになります。

手術適応となって入院してくる患者さんに対しては、手術前と後のケアなども重要です。

どんな仕事がメイン?

患者さんの手術前後のケアや、子供が増える時期などは子供とのコミュニケーションなどもします。

この職場の特徴は?

花粉症の季節などは患者さんが急増するので、非常に忙しくなるでしょう。数時間待ちになるケースも少なくないため、小さなクリニックや診療所の場合でも看護師が5人以上いることもあります。基本的に看護師は女性が多いですが、耳鼻咽頭科病棟で働く場合は使用する周辺機器に関するスキルもあったほうがいいでしょう。

どんな人に最適?

  • あらゆる世代の患者さんとコミュニケーションがとれる
  • 周辺機器に関するスキルがある

特徴

耳鼻咽頭科の患者層は子供や働き盛りの成人男性・女性が多いです。

中には高齢の患者さんもいますが、花粉症の季節などは働き盛りの患者さんも増えますので、非常に忙しくなります。

また、鼻骨の骨折などの怪我は若い男性に多く、夏休み・冬休みの時期になると子供の数も増えます。幅広い世代の患者さんとコミュニケーションをとる機会が多いので、コミュニケーション能力は必須でしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師の転職支援サービス