小児科 | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

小児科 | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

看護師の働き先と傾向

小児科 | 仕事内容は幅広いですが、患児の発達に合わせた処置や感染症対策、一人ひとりの患児への適切な看護などを行います。

小児科に入院する患者さんは、生まれたての赤ちゃんから18歳までの患者さんがいます。

基本的に対象となる疾患の制限はありませんが、小学生以上のある程度大きな子供が骨折した場合などは整形外科、脳挫傷の場合は脳外科など、他の科へ入院することも多いですね。

小児専門の病院の場合はそれぞれ科がわかれているため、専門性もちながらも全て子供が患者さんというケースは少なくありません。

短期入院の疾患の場合はすぐに退院することができるのですが、小児がんや慢性的な疾患を抱えている子供は退院が難しく、病院の中で勉強することができる施設を設けているところもあります。生まれたての赤ちゃんはNICUに入り、生まれてすぐに手術が必要な時は24時間体制で集中治療をすることになります。

対象は子供ですから、看護師の仕事の幅も広い科と言えます。

どんな仕事がメイン?

仕事内容は幅広いですが、基本的に患児の発達に合わせた処置や感染症対策、一人ひとりの患児への適切な看護などを行います。

この職場の特徴は?

小児科はやはり患者さんが子供ということもあって、子供が好きな看護師が多いです。子供たちの健康を守りたい、早く元気になってほしいといった強い気持ちをもって働いている看護師がたくさんいます。また、認定看護師の新生児集中ケアや小児救急看護の教育過程に進むことも可能です。

どんな人に最適?

  • 子供が好き
  • 強い精神力・母性本能がある
  • 子供だけではなく親ともコミュニケーションがとれる

特徴

小児科では患児だけではなく親への指導をしなければならないこともあります。さらに患児がなかなか言うことをきかない時なども多々ありますので、いくら子供好きでも精神的に厳しい仕事と言えるでしょう。

しかし、子供が元気になる姿や笑顔を見せてくれた時にはやりがいを感じるはずです。子供たちは上手に自己表現ができませんので、ちょっとした変化や兆候にも神経を配らなければいけません。

親とのコミュニケーションも非常に重要であり、多少のクレームなども覚悟したほうがいいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師の転職支援サービス