形成外科 | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

形成外科 | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

看護師の働き先と傾向

形成外科 | 患者さんの要望などを詳しく聞き、できるだけ希望に合った仕上がりになるように医師と連携しながら治療していきます。

形成外科とは、外傷や病気などにより失われた身体の見た目、機能などを正常に近づけるための処置を行う分野として知られています。

美容外科と混同してしまう人が多い科目でもありますね。例えば、交通事故や大火傷を負ってしまい、皮膚がはがれてしまった場合、顔の骨が折れてしまい顔が歪んでしまった場合、そして手術の傷跡を目立たなくする場合なども形成外科で行います。

最近では乳がんで失った乳房を作るのも形成外科の領域ですね。先天的な身体の異常(耳や鼻、口、瞼、指、性器など)のあざも形成外科で治療することになります。実は美容外科も形成外科の分野の一つであり、病気や異常ではないけど見た目をより美しくしたい! という女性の要求に応じたものです。

ただし、健康な人への治療になるので保険は適応されません。相互関係にあるため役割が重複している部分もあるのですが、形成外科は見た目や機能を正常に近づける科目なので、多くの患者さんが訪れます。

どんな仕事がメイン?

患者さんの要望などを詳しく聞き、できるだけ希望に合った仕上がりになるように医師と連携しながら治療していきます。

この職場の特徴は?

形成外科は病気や怪我などによって変わってしまった(失われた)見た目や機能を正常に近づけるための分野ですので、見た目を気にしている患者さんたちが多く訪れます。ですから、患者さんの要望を詳しく聞きながらメンタルケアも行い、患者さんの希望に合った仕上がりになるように医師をサポートしながら連携して治療・手術を行うので、患者さんに合った臨機応変な対応が求められます。

どんな人に最適?

  • 患者さんとコミュニケーションがとれる
  • コンプレックスを抱える患者さんの精神的なケアも行える

特徴

形成外科では生死に関わる問題を抱えている患者さんはいません。

しかし、外傷や病気などによって外見にかんしてさまざまな悩み・コンプレックスを抱えている患者さんが来院しますので、患者さんへの精神的なケアも欠かせません。

特に乳がんで乳房を失った女性が乳房を新しく作る科目でもあるため、女性のデリケートな問題も扱うことになります。

患者さんを支えながら治療を行っていくので、気遣いや適切な対応が求められます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師の転職支援サービス