呼吸器内科 | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

呼吸器内科 | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

看護師の働き先と傾向

呼吸器内科 | 一刻を争う状況でもきちんと対応することができ、呼吸器の解剖生理と病態生理をしっかり理解している看護師が多いです。

呼吸器内科は気管支から肺まで、呼吸器を専門としている分野です。

例えばインフルエンザや気管支ぜんそくの急性憎悪などがありますね。また、肺炎や結核、急性気管支炎、感染症の胸膜炎などもあり、ウイルスや細菌が原因の場合は患者さんを隔離し、他への感染を徹底して予防することになります。

さらに感染症ではない疾患ですと肺がんなどもあり、がん性の胸膜炎を起こす患者さんもいらっしゃいますので、最近では慢性閉塞性肺疾患も大きな社会現象の一つと言えるでしょう。

いずれにせよ呼吸器疾患のある患者さんは呼吸をする機能が低下していますので、息ができない辛さを抱えています。看護師の仕事は患者さんの状態によって大きく変わるのですが、専門的な知識があり、常に勉強し続ける必要があります。

感染症の肺疾患の場合は患者さんのケアも大切ですが、院内感染予防対策の徹底も重要です。

どんな仕事がメイン?

息ができなくて苦しい思いをしている患者さんのケアや、院内感染予防の徹底、肺がんの患者さんは入院するケースが多いので抗がん剤治療などの介助を行います。

この職場の特徴は?

患者さんの病状によって仕事内容が大きく変わります。呼吸器疾患が死因となる場合は、最期の瞬間まで意識がしっかりしている患者さんが多いため、苦しみながら亡くなる方が多いです。ですので、一刻を争う状況でもきちんと対応することができ、呼吸器の解剖生理と病態生理をしっかり理解している看護師が多いです。

どんな人に最適?

  • 感染予防に神経質なほど徹底できる
  • 感染のメカニズムなどを深く勉強している・できる
  • 次々と発売される抗がん剤などの薬剤の知識や勉強ができる

特徴

呼吸器内科には息ができなくて苦しい思いをしている患者さんが訪れることが多いです。

場合によっては呼吸器疾患が原因で亡くなる患者さんもおり、苦しんで亡くなる方が少なくないため、どのような状況においても冷静に臨機応変な対応が求められます。

また、呼吸器内科は患者さんの状態によっても看護師の仕事が変わってくるので、呼吸器の解剖生理と病態生理をしっかり理解することが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師の転職支援サービス