肛門科 | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

肛門科 | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

看護師の働き先と傾向

肛門科 | 急患や残業はほとんどないため、育児中の看護師さんも多く働いているのが特徴です。

肛門科は肛門や大腸などを含めた下部消化管に対して診断と治療を行っていく科目になります。

基本的に生活習慣や排便習慣を改善し、薬物治療がメインとなっていますが、それでも改善することが難しい場合は手術療法を行っていくことになります。

肛門科での診察の流れですが、まずは問診を行い、次に視診、指診、肛門鏡での診察、必要な場合は大腸内視鏡検査といった流れです。

肛門科に訪れる患者さんのよくある疾患には、痔核や裂肛、脱肛、肛門周囲膿腫や痔瘻、肛門周囲の湿疹、大腸ポリープや大腸がん、大腸憩室炎や憩室出血、虚血性腸炎、潰腫性大腸炎などが挙げられます。

肛門科の看護師の役割としては、問診や検査、検温、手術介助などの一般的な看護業務となりますね。

また、患者さんの中には行きづらいと躊躇しやすい科目でもあり、どんな治療をするのか?など不安を抱いている方がほとんどです。ですから、患者さんの精神的なケアも大切な仕事です。

どんな仕事がメイン?

問診、検温、検査、手術介助、雑務など。一般的な看護業務とあまり変わりません。

この職場の特徴は?

男性でも女性でも、「行きたくない...」「恥ずかしい...」など思っている患者さんが少なくありませんので、そういった患者さんの不安などを取り除き、しっかりとサポートしていくこともお仕事になります。また、肛門科には急患や残業はほとんどないため、育児中の看護師さんも多く働いているのが特徴です。

どんな人に最適?

  • 子育て中の看護師
  • プライベートな時間を多く作りたい
  • 残業がない職場で働きたい

特徴

肛門科は主に肛門、大腸の疾患が専門であり、外科に分類されています。

ですから肛門科では手術を行うケースもあります。基本的には内科や胃腸科などと一緒に構えている開業医も多いのですが、最近では肛門科のみで開業している診療所・クリニックも増えてきています。

入院施設がある肛門科もありますので、その場合は配膳や下膳の他、ベッドメーキングなども看護師の仕事になっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師の転職支援サービス