精神科 | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

精神科 | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

看護師の働き先と傾向

精神科 | 訪れる患者さんもさまざまですが、基本的にデリケートな患者さんが多いため、マニュアル通りにいかないことが多いです。

精神科では主に精神的な疾患を扱っている分野であり、例えばうつ病や精神分裂病、統合失調症、躁鬱病、気分障害、反社会性人格障害、摂食障害、境界性人格障害、思春期や青春期の精神障害、老年期精神障害などがありますね。

精神科は「心療内科」や「神経内科」と同じだと思われていることがありますが、心療内科の場合は心身的なものが原因で機能的障害が起きている患者さんなどが対象、神経内科は脳の疾患を抱えている患者さんを対象としています。

これまでは精神科に通院することは恥ずかしいことであると捉えられていることが多かったものの、最近では精神的な疾患を抱えて苦しんでいる患者さんが増えており、一般的になってきました。そのことから現在では精神科と心療内科、神経内科などを細かくわけている病院も増えてきています。

訪れる患者さんもさまざまですが、基本的にデリケートな患者さんが多いため、マニュアル通りにいかないことが多いです。

どんな仕事がメイン?

患者さんとのコミュニケーション、患者さんの食事や排泄の介助、薬を服用させるなどがあります。

この職場の特徴は?

興奮して暴れてしまう患者さんもいるため、男性の看護師も少なくありません。女性看護師ではどうしても暴れる患者さんに薬を打つことや患者さんをおさえることが難しいため、男性の看護師が対応することも多いです。ですから精神科はある意味男性看護師が最も活躍している場かもしれません。

どんな人に最適?

  • 体力がある、力がある
  • コミュニケーション能力がある
  • 精神的に強い

特徴

精神科に訪れる患者さんは本当にさまざまで、特に入院している患者さんは夜になっても部屋を出たり、情緒不安定になって「死にたい」と暴れたり、行動に起こそうとする患者さんもいます。

また、眠れないからと看護師に何度も訴えてくる患者さんもいますので、精神科の看護師は体力と精神の両方を消耗します。非常にハードなのですぐに辞めてしまう看護師も少なくありません。

しかし、夏祭りやクリスマス会といったイベントもあり、患者さんとコミュニケーションをとる時間も長いので、患者さんと一緒に楽しめる機会も多いですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師の転職支援サービス