心療内科 | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

心療内科 | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

看護師の働き先と傾向

心療内科 | 心療内科では絶対的に正しい答えを求めようとするのではなく、最も正解に近い選択肢を選ぶような柔軟さも必要です。

心療内科はストレスなどの心的な要因によって身体に症状が出るという心身症の患者さんを治療していく部門です。

心療内科は精神科と同じだと思っている方も少なくありません。精神科でも心療内科対象の患者さんを診ることもあるため、どっちでも同じだと考えられているのです。

心身症という言葉はあまり知られていませんが、例えばストレスが原因で胃潰瘍などの身体疾患になってしまった患者さんが多く訪れます。他にも過換気症候群、狭心症、円形脱毛症、摂食障害などもありますね。

人は心的要因からくる身体の異常が意外と多いため、心療内科では精神科と同様にカウンセリングが非常に重要になります。薬物療法だけではなく心理療法、精神分析療法、理学療法、生活指導なども行っていきます。

患者さん一人ひとりとじっくり向き合い、適切な治療を行っていくのも心療内科の特徴です。

どんな仕事がメイン?

点滴や注射、バイタルチェック、採血など一般的な看護業務がメインとなっています。

この職場の特徴は?

心療内科には心の病で苦しんでいる患者さんたちが訪れるので、患者さんとコミュニケーションをとることを大切にしている看護師も多いです。ただし、心の問題は複雑であり、マニュアル通りにいかないことも多々あります。柔軟に対処していくことも大切になるでしょう。心療内科には女性看護師だけではなく男性看護師も多数います。

どんな人に最適?

  • 精神的な面と身体的な面の両方の専門的な知識がある
  • 自分でしっかり考えることができる
  • 心の病などに偏見がない

特徴

心療内科は精神科とは違い、心に重点をおくのではなく身体と心の症状のバランスに焦点をあてて治療していきます。

心身のバランスを考えて治療していくことになるため、看護師は精神的なことと身体的なことの両方の知識をつける必要があります。

仕事は通常の看護業務とあまり変わりませんが、さまざまな悩みを抱えている患者さんが訪れるため、患者さんに対して偏見があると非常に仕事がやりづらくなります。

また、心療内科では絶対的に正しい答えを求めようとするのではなく、最も正解に近い選択肢を選ぶような柔軟さも必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師の転職支援サービス