放射線科 | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

放射線科 | ナースの薬箱。看護師求人タイムズ

看護師の働き先と傾向

放射線科 | 最新の高度な医療を患者さんに提供していくため、常に最前線にいることを意識して働くことになります。

放射線科では放射線による診断や治療、核医学の3部門からできています。

放射線診断にはX写真やMRI検査、CT、核医学、血管造影検査、消化器造影検査、マンモグラフィ、超音波などが使われていますね。核医学ですとラジオアイソトープによって診断が行われ、放射線治療は高エネルギー放射線の照射によって治療が行われます。

最近ではIVRといった画期的な治療法が急速に発展しており、低浸食で迅速かつ正確にQOLを尊重した治療が注目されているところです。

また、がん治療にも有効な放射線治療は、がんを切らずに治すという分野で非常に効果的ですね。

患者さんに放射線の診断や治療を行うのは医師か放射線技師のお仕事なので看護師の仕事ではありません。看護師は検査がスムーズに進むように準備をしたり、検査の補助をすることになります。

そして、生活指導や医師・放射線技師のサポートも行っていきます。

どんな仕事がメイン?

検査の準備や補助、医師・放射線技師のサポートの他、患者さんへの看護・生活に関する指導を行っていきます。

この職場の特徴は?

放射線科は最新の高度な医療を患者さんに提供していくため、常に最前線にいることを意識して働くことになります。看護師は患者さんに放射線治療を行ったり診断をするといった仕事はしませんが、患者さんの記録業務や介助なども行います。放射線に関する専門的な知識よりも日常生活に関する注意点なども患者さんに伝えますので、指導面での勉強も欠かせません。

どんな人に最適?

  • 放射線によるがん治療などの先進医療に興味がある
  • レントゲンの仕組みを把握している

特徴

放射線科はあまり目立つお仕事ではありませんが、最新の高度な医療を提供する科目ですので、先進医療に興味がある看護師が多く集まっています。

看護師が実際に患者さんの診断を行う・治療を行うことはないものの、やはりレントゲンに関する知識は必要です。

また、放射線科ではがん治療も行いますので、医師や放射線技師のサポートもお仕事の一つです。

まだ健康保険適用対象外の手術ではありますが、民間の医療保険では保障しているところも多いため、治療を受ける患者さんも増えてきています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師の転職支援サービス